Got started the riot

Monday, October 2, 2017

atrium1

atrium2

箱根のポーラ美術館にて個展が始まりました!
ギャラリーのオープニング展に選んでいただくということは作家冥利につきる光栄なことで、可能な限り最大限の謝意と敬意と気力を展示全体に注ぎ込んだ今夏でした。
オールドマスターズの傑作群を擁するポーラ美術館初の現代美術展。その場にふさわしい展示内容とは…というコンセプトの立ち上げから、オープニングを美術作家として祝い上げる仕上げとしての新作の制作等々目の回るように忙しい毎日でした。
昨日無事にキックオフを見届けてホッとしたところです。
新作「Princess at Work」では初めて日本の洋画をアップデートしたオイルを描きました。
その洋画とはポーラ美術館所蔵の黒田清輝の「野辺」なのですが、制作に至った経緯等はまた別の機会に詳しく説明できればと思います。取材に来てもらったプレスの方々はもうご存知のことだけど、この作品と初めて対峙した22歳当時のわたしにとって強烈な鑑賞体験がそこにはあり、改めて女性性という問題と向き合う機会になった作品です。

いつも思っているのは、作品が正しく評価され、あるべき場所に展示されたり届けられるところまでの手助けをするのがアーティストだということ。そこには制作することももちろん含まれていて、美術作品として美しく生まれ、自立し、一人歩きができるようになるまでの全てを任されているのが作家という職業だとわたしは考えています。
こんな立派な展示場所で堂々と美しい姿を披露でき、わたしの作品たちも幸せだと思います。
今回本当にたくさんお世話になった担当学芸員の工藤さん、イムラのアシスタントさん、作品を貸し出してくださった美術館や個人コレクターの方々に心より御礼申し上げます。

昨日のプレカンのためにPINKOの新作ドレスを買ったのだけど、評判が上々でがんばった甲斐がありました笑 フランスの繊細でフェミニン一辺倒なデザインにはない、イタリアのタフでヨーロピアンなセンスの良いドレスが揃うPINKOはよく買うお気に入りブランドです。
あと割と最近一目惚れで買ったフランクミュラーの限定50本の時計もメディアの方にキャッチされていたので、写真お借りしますね!(@ROBEさん)

IMG_5480

激務だった月末月始を乗り越えて、今日は数日ぶりのお休みだったけど、一番最初にしたこととは部屋の掃除笑
毎日どんなに疲れてても玄関とキッチンとダイニングを完璧に綺麗にしないと眠れない質なのだけど、やはり今日もまた掃除から始めるあたり、悲しいほど自分らしい…!
あと、外食やコンビニ食が続いたから今日はゆっくり自炊料理を楽しみました。かぼちゃを煮たり、きんぴらを作ったり、やはり自宅で作って食べる食事は美味しいしホッとする。仕上げに二時間くらい入浴して着心地の良い寝巻きに着替えたらあとは寝るだけ。
「There is no place like home」はオズの魔法使いで主人公が家に帰るための呪文なのだけど、本当にお家が一番。おしゃれで清潔な自慢のお家。

IMG_5484
そうそう、死ぬように忙しいさなか、雑誌QUOTATIONのインタビューを近所のカフェで受けて、最近発売になりました。8ページにわたるフルカラーの内容になっているのでぜひ読んでくださいね。

最近ものすごく色々がんばったので、なにか嬉しいご褒美がありますように♡

早稲田文学 女性号

Wednesday, September 20, 2017

IMG_5438
届きました♡
早いところで明日本屋さんに並ぶそうです
IMG_5436
とても綺麗な印刷!
IMG_5437
文学ファンとしては伝統ある早稲田文学に図版という形で掲載いただけることが本当に光栄で。しかも川上未映子さん責任編集号という!

みなさま、宜しくお願いします^^

今は年末の台湾での展覧会に向けての制作をスタートさせたばかりだけど、来週はポーラ箱根のインストールやシェル美術賞の審査会等々大忙し。
気分転換にスイーツとかスイーツとかたまにしょっぱいものとか、美味しいもの食べに行きたいな

soon in Hakone

Friday, September 8, 2017

hakone1
hakone2
hakone3

Experiences Pommery Night2

Saturday, June 11, 2016

IMG_2794
0024
0054
0232
0072
IMG_2790

AERA STYLE MAGAZINE Vol.31

Tuesday, May 31, 2016

IMG_2418
今発売中のアエラスタイルマガジンに「Curtain」が使われています。岸本佐和子さんが翻訳したエドガル・ケレットの「子宮」という小説の扉絵としてなのですが、小説の奇妙な世界観とのマッチングが楽しいです。
ぜひ読んでみてくださいね。

この雑誌の中で鹿島茂さんが寄稿しているページがあるのですが、大好きなバタイユの「マダム・エドワルダ」について触れられています。
大学生の時に読んでほとんど内容を覚えていなかった小説なのだけど、ムッシュ鹿島のおかげで個人的に驚きの発見ができました。
というのも、マダム・エドワルダの舞台になっているパリの街角はまさに私が住んでいたポワソニエ大通りだったのです!登場する娼館があるのはフューシャピンクの地下鉄4番線でおなじみのサン・ドニ。お友だちが住んでいたので、ポワソニエ大通りを下りいつも歩いて通っていた場所。大通りの途中にある”屋根裏のパン”という名前のパン屋さんがとてもお気に入りで、そこのタルトシトラスを手土産にするのが定番でした。ちなみにこのパン屋さん、少し前に麹町に日本初出店して以降贔屓にしています。何度となく通ったサン・ドニ門についても小説の中では言及されているようで、まさかバタイユ小説の舞台に知らず知らずのうちに住んでしまっていたとは、と嬉しい気付きでした。
改めてパリに住むということは私が憧れた仏文文化を地で行くことなのだと教えてもらえたテキストでした。
これを機に再読して、パリを知る前の自分と、知っている今の自分の読後感の違いなどを楽しもうと思います。

このたびはとんだことで

Tuesday, March 29, 2016

sakuraba

直木賞作家である桜庭一樹さんの文庫本装丁にRed Shoes Diaryシリーズの作品イメージをお貸ししました。文春文庫より発売中です。

素敵な装丁で眺めるだけで楽しいです。水玉柄の靴下に呼応した「桜庭一樹奇譚集」の文字デザインや、靴の色と揃えられた下のテキストなど、作品が本のイメージと感応する様子は装丁画をお手伝いさせていただく時の醍醐味。
この絵はベルリンで描いたもので、ドイツ人の女の子たちの獣性に気圧されてその強烈さを絵画表現に落とし込んだものです。描きながらモチーフの女性に対し「あ、この子は目が一つしかないな」とぼんやり考えていました。構図外の世界に関してはいつも見手の想像に任せているけど、本来足に履くべき靴下や靴を手にはめてしまっている四つん這いのこの女の子は作家個人のイメージでは単眼の獣として描かれています。この絵を見た友人のミュージシャンが「目は一つかもしれないけどめっちゃ良い子っぽい」とも笑 作品は人の数だけ解釈があるなぁと。
先日遠方に住む叔母が欲しい本があり本屋に行ったところ、買う予定だったものの真横に偶然この本が並べられていたそうで(彼女は装丁をやったことを知らなかった)「彩ちゃんに呼ばれたわ」と嬉しそうに電話してきました。そういった突然の邂逅って何度体験しても面白いものです。

ぜひ本屋さんで手に取ってみてください。

 

WOODKID “IRON”

Thursday, December 5, 2013

woodkid-golden-age-cover
もうあっという間に12月。今年は年頭のDOMANI展から始まって絹谷幸二賞を頂いたり帰国後三年間の結果を見せるような年回りでした。2014年は新展開を見せられるようコツコツ準備をしてます。今は100号作品をクリスマス前に終わらそうと巣ごもり中。終わらせたら旅行が待ってる!
最近ずっとこのDIARYがあまり更新できずにいたのだけど今後はもっと短いエントリーで日々の雑感を上げていくことに決めました:)文章書くのすごく好きだしせっかくの日記帳を白いままにしておくのはもったいない。
よかったらマメに覗きにきてくださいね。

今日は最近気になったアーティストを紹介します。
たまたまyoutubeで上がってきた動画を見て大変気に入りましたWOODKID。1983年フランス/リヨン生まれの映像作家 Yoann Lemoineの音楽プロジェクト名です。
IRONという曲のPVが素晴らしくて見惚れました。とってもヨーロッパ的でデューラーの銅版画を現代的に映像に落とし込んだような構成、画面右に向かってストーリーが進んでいくのは日本のゲーム(マリオとか)の影響かな。驚くほど日本のゲームやアニメはヨーロッパで浸透していて私たちと同じように幼少期に彼らもそういうものに触れて大きくなります。
83年生まれということは私の三つ下!もうけっこうな売れっ子だし素晴らしい才能ですねー負けてられません。年齢が近くて才気あふれる人物を発見するとやる気が爆発します。嬉しい出逢い(一方的にですが!)だわ。

以前2つ年下の人に「橋爪さんはライバルは誰ですか」と聞かれてすごく驚いたことがある。だってそんなもの考えたこともなかったから。恰好付けるわけでもなく自分の敵は本当に自分しかいません。作家はいつも過去の自分の作品に苦しめられる。過去に生み出した出来のいい作品を毎回超えなきゃいけませんから向き合うべきはやはり自分自身なのにそんなことを聞く作家未満の男性にホントにびっくりしました。

今月3日から一ヶ月ロンドンのFlowers Galleryのグループ展に小さな作品を数点出していますが全部これは旧作。
新作は来年春前あたりから皆様にお見せするチャンスがたくさんあります。2014のスケジュールは冬前までぎっしりで毎日わくわくしながら画面に向かっている所です。このDIARYやインフォのページをご参照くださいね。
もうじき誕生日ですが33歳の橋爪彩も期待してください。

eclat(エクラ)10月号

Sunday, September 30, 2012

現在発売中のエクラにコレクターの永松仁美さんが私の作品を紹介してくださっているのでぜひチェックしてみてください。
ふだんなかなかどんな風に作品がコレクターさんのもとで飾られているか知ることがないので、私もとても嬉しく見させてもらいました:)
てっさい堂アネックス昴オーナーである永松さんご自身も本当に素敵な女性で憧れます。ぜひ作品共々チェックを!

cover girl of the month

Tuesday, May 29, 2012

3 new works

Saturday, May 5, 2012

added new works on the work page
http://www.saihashizume.com/work/

重要なお知らせ 31.03.11

Thursday, March 31, 2011

明日4/1のトークショーについての重要なお知らせをNEWSページに掲載しました。
来場予定の方はかならずチェックしてください。

明日は

Friday, March 25, 2011

entrance
オープニングです。
正直、今回の展示はすごいですよ。
今までで一番の出来。
ベストを尽くしました。

というわけで、皆さんに会場で会えるのが待ち遠しいです。
早い者勝ちでヴーヴクリコもあります♡
明日のスタイリングは美しすぎる姉が担当しました。ヘアは今やアクア副店長JUNで、メイクはセルフ。
私の靴に(脚に、じゃなくて。)注目してね;)

お友達引き連れて、みなみなさまで来てください。

Notification / お知らせ 19.03.11

Saturday, March 19, 2011

two paintings on work page added.
link to solo show’s information sight added on news page.

新作2点をworkページに追加いたしました。
そしてnewsページにimura art galleryの展覧会詳細ページへのリンクを貼りました。

Notification / お知らせ 27.02.11

Sunday, February 27, 2011

further information will be uploaded soon later…

トップページに個展情報とトークショーの情報をアップしました。
詳細はまた追って上げます。

I’m back(with high-heel).

Sunday, August 8, 2010

IMG_0302
少し前に東京に帰ってきました。
このたびは本帰国です。
足掛け五年欧州にいました。25歳の時から30になる少し前までということなので、まさに20代後半は海外生活に捧げました。

海外に出た動機として、世界言語で表現することがアーティストの大前提である以上日本しか知らないとあっては何も発言する権利がないと常々感じていたからであり、大学院卒業と同時に渡独を決行。
中学生時分から「行くならドイツ」って思っていたので、自分の中では至極当然の流れでした。
慣れるまでも慣れてからも大変な事だらけだったけど、4年目にパリに移り住んでからは友人にもとても恵まれて幸せな滞在でした。帰ってくるのが惜しく感じたくらい。
人の骨の細胞は二年で入れ替わると言いますが、長い事欧州にいた私の心身ともに日本に住んでいた頃とは大きく変化したと自覚しています。今の私の身体組織のすべては欧州で作られたものです。

離れる事で見えてきた日本の事。住む事でわかった欧州の事。
旅行やワーホリで滞在するのと、実際にビザを申請し、その街でお金を稼ぎ、税金を支払って生活するのは大きな違いがあります。ましてどこかに雇われている訳ではないので、インディペンデントアーティストとしてすべて自分でやらなくてはいけない状況は、生易しいものではありません。
外国人である事がどういった事か。
外国語で思考することはどういった違いがあるか。
カルチュラルギャップはどこまで受け入れられるのか。
他にもさまざま…

振り返るにはまだ生々しすぎるので時期を見てまたこのダイアリーにつけようと思います。

そうそう、帰りの飛行機はコリアンエアーで帰ってきたのですが、なーーーーーんと、生まれて初めてファーストクラスに搭乗!!!
もちろん自前でそんなチケットを買える訳もなく普通にエコノミーをブッキングしていたのですが、乗る直前にチケットを係員が機械に通した所、別のチケットが発券されて「お客様の席がファーストクラスに変更されました。」と耳打ちしてくるではありませんか。(他のエコノミー乗客に聞かせないための配慮?)
半信半疑で書かれた座席を探すと、飛行機二階部分に私の席はありました。この不景気でファーストはガラ空きだったため隣の席には誰も来ず、つまり2席分を一人で使用!ゴージャス!!!
出発前に機長が挨拶にくるわ、食事やワインはやたら豪勢だわ…。飛行機の上で陶器の食器で食事したのも初めてだし、引き出し式の机に真っ白なテーブルクロスがかけられたのも初体験。。心なしかいつもよりブランケットもフワフワな気が。毎回飛行機に乗ると3本は映画を見るのに、今回は食事しかした記憶がありません。

私コリアンエアー大好きなんですよね。だって飛行機の中でビビンバ食べれるし(アジアの食べ物に飢えている海外滞在者にはすごくうれしい☆)、CAのお姉様がたは綺麗でやさしいし…。それにインチョン空港でのショッピングが何よりもお目当て。コリアンコスメを買いまくり、欲しかったクロエのサングラスもウォン安でかなりお得にゲットできたし。たのしー***
さんざんショッピングを楽しんだ後、実はすったもんだがあり、ボーディングタイムぎりぎりになってしまったのですが、怪我の功名でインチョンから成田に向かう飛行機もビジネスクラスに乗せてもらいました。
ビジネスは昔家族で旅行していたときに乗った事がありますが、こちらも超ひさしぶり。
しかし人間の欲というものは上を知れば果てしなく、私もとうとうファーストの後のビジネスはショボく感じるという魔道に堕ちてしまった2010年夏。。。贅沢って(素)敵。
なかなかの珍道中でしたが人生で何回あるかわからないファーストクラスを体験できたので、ハイテンション&ハッピー気分で帰国する事ができました。
家についてからも元気で全く疲れていなかったのは広いシートで熟睡したからでしょうね。うーん毎回あれだったら良いのに。。。。
いつもファーストとは言いませんが、ビジネスに乗れるくらいの資本があったら最高。

最後にここで私のポリシーをひとつ。
「飛行機に乗る時はぜったいにハイヒール!」
いつもでしょ、とか言わないで。私だって近所のスーパーに行く時はビルケンはいたりします。
とにかく何が何でも飛行機に乗る時は絶対にヒールのある靴で乗り込むのです。
母には「何かあったときに逃げられないからダメ!」と毎度しかられるのですが、何かあったらヒールとともに紺碧の海に沈む覚悟ですので、むしろ本望です。笑
今回は12cmヒールのキャメル色のグラディエーターfrom 109でした。とっても素敵なの☆
スリッパを持ち込むという反則技もしません。とにかくずっとハイヒールです。
しかし今回はイレギュラーにアッパークラスに乗ってきてしまったので、機内用スリッパが用意されていました。笑
ハイヒールでフライト、女の子にはおススメです。もちろん服もそれ相応で***
女前あがります。

ⓒ SAI HASHIZYME ALL RIGHTS RESERVED.

page top