Seoul Diary 2

Sunday, November 4, 2012

narita
この忙しい合間を縫って、またもや10月末にソウルに行ってきました。
初めて行ったのが去年の10月27日。今年もまったく同じ日をソウルで過ごしました。五月にも行ってるし、つまりこの一年で三回も行ってる!今回は女友達と二人旅。ガラガラの行きの飛行機の中でキャッキャと大はしゃぎしながら二時間ちょっとで到着。
今回は前回知り合った韓国人デザイナーがソウルファッションウィークでコレクションやるとのことだったので、それを見るもの楽しみにしていきました。
いつものようにコスメ買って、エステ行って、美味しいもの食べて、靴買って、革製品買って♡
やること決まってるけど、観光をしなくていい旅行って最高!早起きしなくていいし、好きに動けるし。

今回は旅ならではの素敵な出逢いがありました。
行く前に在京の韓国人の知人にソウルのおススメアドレスを聞いておいて、現地でお店を探していた時のこと。なかなか見つからないお店に悪戦苦闘していて、人に聞いてもすぐ分からなくて途方に暮れていました。私はその前にとても気に入っていたシャネルのパールのピアスを片方落としてて、そもそも超ブルー。いよいよ見つからなくて「あの人たちならきっと知ってそう!」と道で立ち話をしていた同世代くらいの男の子たちに聞くことにしました。
「ずっと探してて見つからなくて困ってるんだけど、このお店分かりますか?」とiPhoneの画面で店名を見せた私に彼らはとても親切にスマホを使って場所を調べてくれました。片方の男の子は韓国語しか喋れないみたいだったけど、もう一方の男の子は英語できちんと対応してくれた上わざわざネットで調べてお店に電話してくれて行き方を聞いてくれた上に、近くまで送ってくたり。噂には聞いてたけど、韓国の男の子って親切だね〜☆と盛り上がる私たち。
しかしせっかく調べてもらったのにお店は時間が中途半端だったため入れてもらえず…泣く泣く諦めて引き返した所、さっき送ってくれた男の子と再度鉢合わせに。
「お店閉まってたよー」と言うと、「今日僕は仕事休みで時間あるから近くでどこか食べれる所一緒に探してあげるよ」と言ってくれるではないですか。その後店を探しながら色々三人で話しているうちにお互いの仕事など自己紹介をし合って、いよいよ食べれる所があって別れ際に自分たちの名刺を交換してありがとうー!って握手してバイバイ。私たちは遅い昼ご飯にありつきました。
しばらくして携帯を見ると彼からメールが来ていて、「よかったら友達のグラフィックアーティスト紹介したいのだけど、今夜の予定はどうなってるの?」という連絡が。
一人旅だったらこういう誘いは警戒して行かないけど、今回は友達も一緒だったし、話をしていてソウル出身のちゃんと良い仕事をしている男の子だというのも話の内容や雰囲気からもよく感じ取れたしで、せっかくのご縁だから一緒に飲みに行くことにしました。
夜私たちのホテルまで迎えにきてくれて、何杯か飲んで、楽しくお喋り。お会計もいつの間にかスマートに済ませてくれていて、酔っぱらいながらもきちんと私たちをホテルまで送り届けてくれて、完全に見えなくなるまで見送っていてくれました。…噂には聞いていたけど、本当に韓国の男の子やさしい!
seoul
飲んでいる間も話していたけど、韓国男子は日常的に愛してるって彼女に言うんだって。日本語、英語、ドイツ語文化では「好きだよ」とは言っても「愛してる」なんてまず言わない。でも彼らは電話とかでもサランヘヨーって言うんだって。すごいねー:) がんばれ日本男児、負けないで♡
彼とは3時過ぎまで飲んで、次の日の私たちは出発日だったからチェックアウトもしなくてはならなかったために早起きしてパッキングもあって、翌朝相当辛かった。。でもせっかくの旅先のご縁だったので、ソウルでのフライデーナイトをローカルで出来た新しい友人と過ごせたのはとても楽しかったです。出逢った時はピアスはなくすわ、お店は見当たらないわでささくれ立っていた私のハートが彼の優しさですっかり元通りになったということで、私の旅の疲れを癒すために現れた天使かも、とすら思いました。笑 昼過ぎに「君たち、疲れてない?大丈夫?気をつけて日本に帰ってね〜!」とまたメッセージをくれた彼。つくづく優しい。彼とは日本に帰ってきてからもたまにメールなんぞし合ってkeep in touchにしています。

友人デザイナーのショーも本当に素敵でした。全盛期の東方神起の衣装を作っていたり、パリ時代はガリアーノの元でガリアーノや、diorのデザインチームで活躍していたりと文句なしの韓国トップデザイナー。
sai-kyuin
事前に二人で連絡とってた時に2PMがショーにでるよ〜って言われてたのだけど、実際のショーに彼らがいたのかどうかわかりませんでした。。でもとにかく素敵なコレクションだった☆最初にいきなり上半身裸の韓流イケメンモデルが出てきた時は二人して超盛り上がった♡笑 思わず写真を撮りまくったりして。
今回はショーの準備で忙しすぎて彼と一緒にあまり遊べなくて残念だったけど、また爆笑しながらご飯とか食べたいな。

6月から一日も休みを取ってなかった私にとって、今回は完全なるバカンスだったのだけど、少しだけアートスポットにも行きました。
ソウルに来たらやはりLeeum サムスン museumは外せない。今回はカプーアの展示。前回のdo suh hoも良かったけど、カプーア展示もかなりのクオリティー。野外に巨大彫刻、室内にも巨大彫刻。やはりスケールの大きな現代美術作品を見るのは楽しい。お金と人をたくさん使って作られる作品を見るのはとても好きだ。私は巨大なインスタなどを作る作家ではないけど、ああいったスケール感はどこか心に留めておきたい。
kapoor1
kapoor2
ソンジェアートセンターでやってたLee Bulは展示方法が面白かったな。作品自体はこの間六本木でみたばかりで新鮮味はなかったけど。

正直今回韓国に行く前は両国間の政治的緊張で少し不安に思わなかったわけではないけど、行ったら何も問題なく本当に楽しかったし、何より現地の人たちにとても良くしてもらえました。
友達になった男の子はもちろんだけど、何かとお土産をくれたり、去年もこの店来て買い物したんですよ、って言ったら手を握って「thank you so much!」と言ってくれて大幅ディスカウントしてくれたり。
民間や文化まで政治に翻弄されることほど馬鹿げていることはありません。私は韓国の人たち好きだし、韓国の靴だって好きだし(笑)また遊びに行きたい。

ガロスの大好きなお店で作ったショートブーツ早く届かないかな♪
早く届かないと寒くて履けない時期になっちゃう笑
次に狙っているファーのアイテムもあることだし、来年もきっとまたソウルに遊びにいくことでしょう☆

ⓒ SAI HASHIZYME ALL RIGHTS RESERVED.

page top