miss you.

Tuesday, December 21, 2010

IMG_0005 miss youは日本語では「あなたが恋しい」って訳すけど、本当はmiss youそのものに該当する日本語がないためにとりあえずそう訳しているそうです。 その昔カナダ人の友達と恋バナをしていて、彼女の使うmissという単語の語感で本当の意味を感じ取りました。 今私がmissingなのは、ヨーロッパ。 先日誕生日にヨーロッパの友人や親戚たちがたくさん電話やメールなどをくれて、中にはスカイプでハッピーバースデーを歌ってくれた子たちまでいて、みんなに会いたくなっちゃった。 友達の家にワインとか持って遊びにいって、夜通しお喋りして。一人暮らしだと自分の作る料理の味に飽きているから、友達の作ってくれるごはんがすごくおいしかったり。(私は人の作ってくれたごはんが大好き☆) にゃーーーーそんな欧州での日常がvermisse sehr!! 人も恋しいけど、街も恋しい。 刺さるように寒いけど、乾いた欧州の空気を頬で感じたい。あれはあれで気持ちがいい。 今日BSでやってたドイツのクリスマスマーケットの映像は一気に私の欧州熱を再燃させました。 マーケットで飲むグリューヴァイン(ホットワイン)は最高!ワインにさらにいろいろなリキュール入っててかなり酔うけど、本当に体が温まる。書いている今、まさに飲みたい。。 パリだったらもうすぐクレンジングが切れそうだからサンジェルマンのあの薬局行って、本当はdyptiqueが欲しいところだけど高いから代わりにduranceでアロマキャンドル買って、bon marcheのgrand episerieのぞいて、sandroとmajeあたりでなんか手頃で可愛いワンピースないか見て…あ、そうそうカンボン通りのシャネルで新作の可愛いピアスか指輪もチェックしたい。 etc etc… 脳内旅行にリミットはありません。 この数年間ずっと助成金を頂いていた関係で自分の思い通りに移動する事はできなかったけど、自由の身となった今は好きな時に好きな所に行ける。 こうなったらふら〜っとヨーロッパに遊びにいこうかな。 極寒だろうけど。 これから春先まではエアチケットが一番安い時期だ。 旅行が大好きな私だから、一緒になるならどこまでも一緒に行ける人がいい。 もしくはいろいろな所に連れ出してくれる人! あこがれの東京暮らし(笑)も3ヶ月過ぎた頃から当たり前になってしまい、どこか物足りないのです。 ヨーロッパいたら外に出るたびになにかしら事件があって、外人生活は良い意味でも悪い意味でも刺激に満ちあふれていました。 長く海外にいて日本に戻った人に「日本はね、なにもかもぬるいよ。温度も人も考え方も。」と言われていたけど、たしかにそうなんです。ここではすべてがマイルド。 海外生活の間ずっと求めていた精神衛生に優しい穏やかな生活は、案外慣れてしまうと退屈なものです。 もちろん今の自分の居場所は日本で東京で、やるべきこともたくさんあって、とっても幸せだなぁと日々しみじみ感じています。心の底から。 でも自分はやっぱりエトランジェとして海外に住むのも好きみたい。 帰国後時間の推移と共に気持ちの変化があるのが自分でも面白いです。 一難去ってまた一難、いつも何かしら問題抱えている海外暮らしはやっぱりしんどいんだけどね。。 理想は行ったり来たりの半々の生活かな?東京も外国もどっちも比べられないくらい好きだから。 最近人から聞いた話だけど、射手座って海外に出る人が多いそう。 でもこれ結構本当ですよ。 ベルリンに住み始めてすぐにかなり驚いたのが、周りの友人が圧倒的に射手座が多かったこと。 みーんな誕生日がすごく近いの。 そんな事もあり、初年度は仲の良いスペイン人とスイス人と私の3人で合同バースデーパーティーをしました。 そのスペイン人はドイツ人の旦那と今アメリカに住んでいて、スイス人はジュネーブに戻って、私も古巣東京に帰っている。 確かに同じ街に住み、同じ時間を共有したのに、今は場所も時間もまったく違う生活を私たちはしている。 自分の描く輪が一瞬他人と重なって、また離れる。 でもこれが一期一会。 外国に住むようになってから、縁というものを大事に考えるようになりました。 出逢った人、ものはすべて出逢うべくしてそうなっていると感じるので、全部が自分にとって必要だったのだと信じて疑いません。 日本にいた時にはなかった感情。 でもあっちに行ってから立派な運命論者になってしまいました。 だって元は縁もゆかりもなかった土地で、何かのきっかけで巡り会い、一緒の時間をシェアするなんてすごいことでしょ。縁がなきゃ会う事なんでできない。 よく離ればなれになった人たちがまた出逢うために地球は丸い、って安っぽい表現するけど、本当に丸いおかげでか偶然出会えた人があっちでは沢山いました。 ドイツの郵便屋で偶然会った日本人と東京で再会したり、一時帰国の時に行ったラウンジで高校時代の友人が偶然にも隣り合わせたり。 これを縁と呼ばずしてなんと言えば良い? 出逢いが人をつくります。 物事を最初から決めつけないで、出逢いによって風に乗るようにひらひら自分の行き先を決めて生きる事ができればなんてロマンチックなのでしょう。 女性にはそのタフネスがある。 自分にそれができるかどうかは判らないけど、すべてが予定調和に終わる人生より、予測のつかないわくわくに満ちた生活を選択できる人でいたいな。 そのためにはいくらかのお金と、たくさんの度胸があれば大丈夫。 それでは皆様素敵なクリスマスと年末を♡ 来年もいっぱい旅行できますよーに!

ⓒ SAI HASHIZYME ALL RIGHTS RESERVED.

page top