the beautiful shoes bring me to…

Friday, April 16, 2010

shoes2 昨日木曜の夜、友人から突然のメールであのウィトキンのヴェルニサージュがマレのGalerie Baudoin Lebonであるとう事で急遽おでかけすることに。 三月には彼の作品一枚を生で見たいがために12ユーロも払ってマイヨール美術館にまで行った私。(詳しくはこちら) ヴェルニサージュということはきっと新作もたくさん見れるでしょうし、なにより大スターのご尊顔を生で拝む千載一遇のチャンス!!!きゃ〜〜〜〜〜* そういうわけで制作を早めに切り上げてお出かけ。 当然の事ながら作品だけでなく作家本人を見ることは、彼の作家性をより深く理解する一助になる。日本であまり見る機会のない作家なのでなんとしてもここは行くしかありません。 最近めっきり外は温かくなって、夜も八時過ぎでもまだまだパリは明るい。 なんか嬉しくて、ツイードのジャケットにスキニーデニム、重たい重たいクロエのパディントンバッグ、足下には最愛のジュゼッペの靴をコーディネート。パリの悪路で痛むのがイヤでずっとしまってあったのだけど、なんか急に履きたくなったの。 会場に入ると、比較的ひろいギャラリー内は10点以上の新作シリーズ「BOGOTA」が並んでいました。相変わらずのウィトキン節も健在なものから、今までになかったテキストが写真の下に加わった新たなフォーマットのものまでありました。正方形を好んで使っていたイメージがあったのですが、不定形の台形型のような作品も数点あり、新たな展開。 しばらく鑑賞していると、意外と小柄で金髪の身綺麗なご本尊がついに登場。 上下黒の洋服に、腕や指にはけっこうごついアクセサリー。 しましまのプリティなめがねが良くお似合いです。まだまだ若々しい。 だいーぶ躊躇したのですが、彼と目があったのでもうこれは行くっきゃない!と思い切り、緊張でうわずりながらも話しかけてみました。 彼はすごく饒舌で、沢山の事をお喋りしてくれました。途中聞き間違いかと思う下ネタがあり、当初の会話からのワープっぷりに混乱しましたが、とにかく素敵な紳士。 そんな中「日本人女性は本当に綺麗だ。みてごらん、つま先までこんなにパーフェクトにして!それに比べてアメリカ人は本当に酷いから…」と彼はジュゼッペの靴に視線を一瞬落とし、その後はまっすぐ目を見てたくさんの賛辞を述べてくださり、あまりの光栄に震えんばかりの喜びに浸る私。ムッシューお優しくていらっしゃる…!!!もちろんサインもいただきました♪♪ 時折ふわっと肩に触れてくれる手は暖かでとても男性的だし、なにより手作業で仕事をしている人の厚みが感じられました。私はアクティブでクリエイティブなにおいのする手の持ち主が大好きだ。 はっでもこの手が死んだ胎児の眼球をはさみでぐりぐりと…! ま、いいか。 ところで彼の息子さんの奥様が日本人だそうで、彼女がとても美しいらしく日本女性にはかなりの好印象をお持ちの様子。 そう、それなのよ! 何が大事って、例え旅行者でも海外に一歩でたら誰しも小さな親善大使、日本代表なのです。 だからきちんとした言葉を喋り(外国語ができなくても最低限その国の挨拶は覚えるとかね。)、身なりを整えて堂々としていれば、ひいてはそれが極東の小さな島国の評価を草の根運動的に上げる効果があるのです。 外で頑張る美しい日本人女性を見ると私も本当に嬉しい。 本当の意味で知的で美しい女性になりたいと、日々努力です。まだまだですが…。 もちろんT.P.Oに合った格好をすることが大前提です。オシャレが本当の意味での命取りになる場所が海外には山ほどありますから、誤解なきように願います。 しかし義父がウィトキンだなんていけてるなぁ そんなのいいなぁ。ぽわわ それでものすごく可愛がられてお嫁さんひいきなんてされてみたいなぁ。うふふ いいなぁ なんにせよつくづく、素敵な靴は素敵なところに連れて行ってくれる。 だから靴が好き。痛くても転びそうでも空港のコントロールで毎回引っかかっても、それでも好き。 この日は他にもおいしいワインにタパスとクスクスでお腹いっぱいで帰路につくことができました。 最近ようやく早起きができるようになったのに、週末になるとまた一気に夜更かし生活に戻ってしまう。今週のウィークエンドはいつもより少し早く訪れました。 パリの街も暖かさに釣られて木曜の夜だというのにどこも人が沢山で、みんな冬眠から目が覚めたみたいです。 良い季節になって心から嬉しい。 みなさまも素敵な週末を!

ⓒ SAI HASHIZYME ALL RIGHTS RESERVED.

page top