happy princess for one day

Monday, December 21, 2009

IMG_0212
昨日はパリに来て初めてのバースデー。日頃お世話になっている友人を招いて自宅で手巻き寿司パーティーしました!お客さんはぜんぶで11人。メンバーは日本人4人、フランス人6人、ドイツ人一人。メールを送る時に気付いたのですが、今回フランス人全員が男子でいざ部屋に集まると、あまりの欧州男子率にお部屋が急に狭く感じました…家の中で会うとやっぱりみんな大きい(笑
いつも私一人で仕事や生活をしている家に、たくさん友だちがいて、初めて会った人もそうじゃない人もみんな一緒に楽しくお酒のんでいる風景はとても素敵でした。だからパーティーって大好き。

朝からマルシェやスーパーでの買い出しにてんてこ舞いで準備が押していて、仕事から直で来てくれたチーム日本女子で手巻きの準備をせっせと…しているつもりだったけど遊んじゃってるね。
IMG_0157

まみちゃんとおさかな
IMG_0165

なぜか積極的に女子に絡んでいったエプロン姿のサイ
そしてまんざらでもない(うそ)アルダ
IMG_0158

今日のいちばんお気に入り写真
IMG_0166

お寿司はこんなかんじ*
IMG_0176

まきまき
IMG_0187

もぐもぐ
IMG_0188

フランス人ルド君も巻いてます
IMG_0186

ムッシュー達、窓開けてタバコすわれるとさむいんですけど。。
IMG_0195

セドちゃんは意外と湯飲みが似合う。(中身はシャンパン)
IMG_0217

ケーキの入場です!フランス語と日本語でハッピーバースデーをみんなが歌ってくれました。
IMG_0203

プレゼントを開封中…
IMG_0221

本日のベストワインはフミヤ君のBoisson Rouge!おいしかった。ありがとう〜〜
IMG_0191

ちょっとずつみんな帰っていって…
IMG_0229

楽しかったパーティーもお開き。おやすみなさい☆
IMG_0231

最高のバースデーでした。
来てくれた人たち、本当にありがとう。そしてメールもたくさんみんなからもらって幸せな29歳のスタートになりました。
先日パリに遊びにきていた両親には、誕生日プレゼントに憧れのヴァンクリフのダイヤがいくつも敷きつめられたアルハンブラシリーズネックレスを買ってもらいました。一生ものです。
そして最後になりましたが、いっぱい写真とってくれたシンヤさんにも感謝;D
20代最後の年は良い一年になりそう☆

Happy Birthday Eve with Pierre & Gilles

Saturday, December 19, 2009

IMG_0148
アルコールとちょっぴり緊張で半端なはにかみを見せている私の両脇を固める二人のムシューは、フランス写真界のスター・あのピエール&ジルです!
(ちょっと自慢なので今日は写真おおきめ!)

昨日お友達のFくんが彼らと会うけどいっしょにどう〜?と誘ってくれて、高校生の時彼らの大ファンだった私は二つ返事で会いに行きました。
彼らの自宅兼スタジオにお邪魔したのだけど、そこは彼らの作品そのもの。
至る所にキッチュなおもちゃと写真などが配置されていて、それはそれはポップなカオス空間です。2匹のワンちゃんも自由に走り回っていて、家中が色の洪水でした。それでもゼンゼン散漫じゃなくておしゃれだし妙な統一感あるんですよね。やはりヨーロッパ人って空間のつかみ方が上手い。
私は大好きなアマリリスの花をおみやげに持っていったのだけど、あの家じゃどこに置いても目立たなかろう…

Fくんの手みやげの柚酒をのみながらお喋りをしていて、翌日が私の誕生日だと伝えると最新のカタログに「誕生日おめでとう、サイ ピエール&ジル」とサインを入れてプレゼントしてくれました。しかもとっても可愛いサイン。
sign
私も一応自分の小さなカタログを持って行ってたのでそれを渡したらサインを頼まれて、不肖わたくし彼らに比べたらまだまだコムスメ、僭越ながら下手くそな筆記体で書かせて頂きました。
つづいてスタジオも見学させてもらったけど、住居スペースとはうって変わって仕事場らしく割と殺風景でした。

一通りおしゃべりしてからジルが私たちを連れて近くのフレンチのビストロに連れて行ってくれてお腹いっぱいご馳走になりました。
彼らはあまりエイゴが喋れないようなので、私もフランス語がまだまだだからあまりたくさんコミュニケーションできなかったけど十分素敵な時間を堪能させてもらいました。
ジルは韓国のアイドルシンガーRainのファンらしく、会ったことがあるというと「イケメンだった?」と興味津々。何を隠そうサイは以前彼の主演のハリウッド映画(2010年12月公開予定)にちょい役で出たので、超至近距離で見つめ合ったことがあり、それを自慢すると「キスシーンはあったの?」と聞いてきました:D 残念なことにそんなオイシイ役じゃございませんでした。
連れてってくれたFくんありがとう*キミの撮影の時またいっしょに遊びに行くよ〜うふふ
サイもいつかハイヒールと一緒にモデルにしてもらえないかなぁ
wonderful townの中でヒールで転んで死んだ女の子の役とかどうだろうか;D

下はピエール自らサイの服に付いたわんちゃんの毛をコロコロでとってくれるの図。やさしいなぁ
IMG_0151

今夜はバースデーパーティーです。
手巻きをみんなに振る舞います!お魚もマルシェで仕入れたし、そろそろ準備しないとね

Girls can wear jeans

Monday, December 7, 2009

IMG_0137マドンナは彼女の曲「What it feels like for a girl」の出だしのリリックで

「女の子はジーンズを履くことができる
髪を短く切ってシャツを着てブーツを履くことも出来る
だって男の子になることはゼンゼン平気だから」

といっている。

一瞬ロシア語みたいに聞こえる曲のイントロ部分でのこのつぶやきはなんとも印象的で、それに続く歌詞も共感に満ちている。

もうすぐ29歳になる今日、数年ぶりに髪を短くしました。
最後にそうしたのは大学三年の頃だから、20,1歳だったかな。それからずっとずっとロングの巻き髪を維持してきてて、これが自分で一番似合うと思ってたし大好きだったのだけど、ある日ふと「あ、もういいや」って思えたからです。
髪を切る時もっとドラマチックな感傷があるかな、とか思ったけどあっさりショートに。30cmは切りました。さっぱり!!!

世間的には30の誕生日の方が区切りとして大きく見られているけどそんなのは数字の問題に過ぎなくて、28の今の自分を取り巻く環境などの大きな変化に内面外見すべてが流れるように動いているのを感じます。
ダイアンのラップワンピ着て、ジミーチューやらロッシやらの素晴らしい靴を履いて長い髪をなびかせて歩くのも大好きだけど、靴はそのままでシンプルな白シャツにジーンズでサラサラの潔いショートの女の子もとても美しいと思うのです。
(もちろん内側から輝く白肌とグロスでぬれた唇は大前提ですよ。)
それにカールロングは女度高くていいんですけど、無駄な男性の目線まで絡め取ってしまうというか。ことに海外ではアグレな男性達の興味を必要以上に引いてしまって、しなくてもいい思いをする羽目に…。
以前は長い髪が女性であるアイコンだと信じていてそれにしがみついていたけど、でもショートになろうがマニッシュな格好をしようが、ゴダールの言葉を借りれば「女は女である」なんですよね。それに最近ようやく実感がこもりました。
ちなみに男の子は小さい時から「あなたは男の子で、でんしゃや青い色を好きになるんだよ」と教え込まないと、フリルやラブリーなものを愛してしまうんだそうです。

曲に話を戻しますが、この曲のPVすごく素敵なんです!
マドンナがかっこよくやんちゃしてて、ビデオを作ったガイリッチーはやはり元ダンナなだけあって彼女の魅力を誰より理解している。ただビデオになると急に曲がトランシーにアレンジされててゼンゼンよくない。。残念。まあビジュアルイメージには良く合っているのですけど。
マドンナは常に新しいイメージを打ち出して変化をしている素晴らしいアーティストですよね。でも近年の加齢にムリくり逆らう様子はいただけませんが…。
これからは今まで以上にスピード・変化・自由をスローガンに私も過ごしていこう。

最後だけど曲の冒頭のつぶやきには続きがあって、こう言っている。

「女の子はジーンズを履くことができる
髪を短く切ってシャツを着てブーツを履くことも出来る
だって男の子になることはゼンゼン平気だから

でも男の子達にとって女の子のように見られることはグレードが下がることなの
だってあなたは女の子でいることは屈辱的だと思ってる
だけど本当はこっそり、女の子でいることがどんな感じかすごく知りたいんでしょ?

この世界で女の子がどんな風に感じるかあなたにはわかる?」(訳:自前)

うふふ、永遠にわからないだろうなぁ
だけどそれでいいよ。

von Montag

Monday, November 23, 2009

IMG_0214
werde ich nicht in Paris sein,sondern…
Es gibt ein-paar Geschaefte zu tun,dass ich unbedingt schaffen muss.Sehr sehr wictig…
Bleibe ich da bis Freitag.Trotzdem hab ich wenige zeit alle Freunde zu sehen,freue mich auf euch zu gruessen.
Aber um wahrheit zu sagen,moechte ich dir sehen!

for the very first of beginning…

Friday, November 20, 2009

IMG_0159-thumb-283x217-27

(Japanese Diary below)

I’m beginning writing a blog being called here “diary” in passing of my artist web site’s renewal.As several friends requested,here will be photos from my exhibitions that wouldn’t be uploaded on main pages and I’m aiming write down what I feel and what I find in my usual life. For sure diary could suit my purpose.Regarding the language,I’d like to use Japanese,English,German and French(when I get better improving….).The choice of language depends on the contents of diary!Excuse me but here could be mostly Japanese dominated, I just love to write in it.Ah plz don’t mention to my poor English!For me English is the language for communication, therefore actually quite limited…hmmmm doesn’t matter.By the way,the photo above was taken on a day after coming back from Tokyo in this summer.It is special “Red Shoes”of Giuseppe Zanotti(my addiction!),displayed in Galerie Lafeyette.There were lots of Red Shoes by top-maisons as well.I could feel I was welcome by Paris.

Anyways enjoy my site and coming diaries!

kisses,Sai Hashizume

この度ウェブサイトを完全リニューアルしたついでにダイアリーと呼称するブログを始めることにしました。というのもずっと周りからの書いて欲しいと要望が多くて、サイトの本ページでは掲載予定のない展覧会場の様子や、日々の雑感などを綴るのにとても都合が良いからです。日記を付けるにあたって、いちおう使用言語は日本語だけに限定しない予定:)このサイト自体が様々な国のビューワーへ向けてなので、みんなに向けて書く場合はユニバーサルな英語、日本の方々に向けた内容は日本語、ドイツ語圏の人たちに知らせたいこと・もしくは日本の友人達などにあまり知られたくない秘密な内容(?!)はドイツ語、それでもって今よりもっと上手になったらフランス語でも書く日が来るかもしれない。Mais,maintenant ce n’est pas possible…désolé!語学に明るい友人が多いので、特に英語はこわいなぁ。。野暮な間違いだらけだろうけどやさしく見守って下さいね。なんにしてもメインは日本語のブログにします。

Red Shoes Diaryコンセプトテキストを英訳をしてくれたケンタロウくん.Vielen dank!Total vertraue ich deine Fäigkeit der Sprache(besonders Englisch!).Lehr mich wieder kühlen Ausdruck darin;)ufufu~ あと去年会社を立ち上げてバリバリがんばってる実兄にはサーバー管理やその他色々お世話になってます。忙しい中いつもありがとう!

今日はとりあえずブログを始めるにあたっての心持ちと、このサイトを作る際に尽力してもらった人たちに感謝の気持ちを伝えたかった。みなさまこれからどうぞよろしくお付き合い下さいませ:)

ちなみに今日の写真は夏に日本から帰ってきてから立ち寄ったギャラリーラファイエットでディスプレーしてたRed Shoes!これはジュゼッペ・ザノッティー様(大好き!)のお靴ですが、他にもトップメゾンの赤い靴がたっくさん並んでてパリに歓迎されている気分になりました。

橋爪彩

ⓒ SAI HASHIZYME ALL RIGHTS RESERVED.

page top