お伊勢詣

Tuesday, February 5, 2013

ise1 2/2、2/3と友人たちとお伊勢さんに行ってきました。 記憶する限りでは多分初めて。 たまたま飲みの席で行ってみたいね〜と盛り上がり、複数名(幹事役と私以外の子たちは現地初対面数名を含む)で行くことに。 なんといっても日本神道の総本山!私自身は無宗教だけど綺麗な神社仏閣は大好き(教会も好き。)なので、行く前からとっても楽しみだった♡ 何年か前に見た宮藤官九郎氏の「真夜中の弥次さん喜多さん」も相当面白かったし、お伊勢詣でというのはやはりなにかすごく特別なことというイメージがありました。 DAY 1: 昼頃名古屋駅集合で、早くについた私とMちゃんはランチに味噌煮込みうどんとコメダコーヒーのシロノワールをはんぶんこして伊勢に着く前に名古屋を堪能☆人生初コメダ。噂のシロノワールはすっごい不思議な食べ物だった… 名古屋の食べ物自体も不思議なものが多い。そして味噌がふんだんに使われているし味が濃い。。愛知県民の血圧が心配になるくらい塩分過剰な味付け…そこにド甘いシロノワールとか、ホントに全部が濃くて心配。。。 名古屋駅からはS君がレンタカーを借りてくれて2時間ばかり走り、見知らぬもの同士は自己紹介などをして道中を楽しみました。 旅は道連れ…タイミングと目的が合ってこうして一緒に旅行するのってきっとなにかのご縁。メンバーはアーティストの私、商社マン、国家公務員、大学病院のお医者様、FXトレーダーとかな〜りバラエティー豊か。むしろ仕事的には誰一人かすりもしません。そんな私たちが一緒にお伊勢さまに行くのは前世でなにかあったのかな。笑 現地についたら旅館にチェックインせず直でさっそく外宮へ。 私の小学校からの幼なじみの旦那サマが伊勢神宮にお勤めということもあり、事前に公式参拝の手配をしてもらっていたので、着くなりすぐにお参りをさせて頂きました。 事前に言われていた通り正装です。普段着慣れないジャケットにパンツ姿の私は、髪の色がかなり明るい上にメイクもばっちりな様子がまるで外資系コスメブランドの美容部員…笑 ボビーブラウンかNARSあたりにいそうな感じで自分でも可笑しかった。これもこれでなかなか似合うよ♡笑 そんな私を含めたアラサーの5人組が普通の人は手前までしか行けない所を神主さんに誘導されて御垣内に入っていき、ご正宮に近い所まで行ってお参りをさせて頂いているので略式参拝をしている人たちに見られること見られること… 「あの人たちなんで中に入ってお参りさせてもらってるの?」という声が聞こえてくるようでしたよ。 幼なじみにご正宮は本来国家の安寧をお祈りする場所だから、あまり個人的なお願いを長々としてはいけないと事前に聞いていたのだけど、何せ初めての公式参拝、しかも相当数の衆目監視の中ときたものだから緊張と混乱であまり上手くお参りできませんでした…玉砂利にハイヒールだったから神主さんがお払いしてくれている時よろけちゃったし笑 でもご正宮に通じる部分の砂利が白石で、やはりすごい所に立たせて頂いている感じがひしひし。 公式参拝後は外宮内の色々な別宮を回って小腹が空いたのでおはらい街に移動。 赤福のお店のお汁粉美味しかった♡♡♡赤福も大好きーーー ise3 おかげ横町などもひやかして、お土産などちょっと買ったりしてようやく旅館に向かうことに。 幹事がとってくれた旅館が二見浦の老舗旅館。普段自分で旅行する時はホテルを選びがちだから古い旅館って殆ど泊まったことなくて色々新鮮だったな。 夕飯は車で少し走った所にある割烹で伊勢エビや地産地消の美味しい海の幸をめいっぱい堪能。 ise4 お腹いっぱい。 食後は旅館に戻りつつ近くのコンビニで日本酒とおつまみを沢山買い込み、一つの部屋に皆で集まって酒盛りをして深夜に就寝。 DAY 2: 私にとっては超早起きの六時半起床でお風呂に入ったり支度をしたりしてチェックアウトを済ませ、まずは旅館からすぐ近くと言うことで夫婦岩を見に行きました。 冬の二見浦はかなり波が荒く、風も強くて撮った写真に東映、もしくは映倫という字が似つかわしそうな様相… あまりの寒さにそそくさと退散。 ise26648_n そしていざ内宮へ。 前日の外宮以上に混んでた。駐車場もいっぱい。 でもでも、さすがにすごかった!! 本当にここは国家神道の総本山!って感じで完全に格が違う。 とにかく広い。 五十鈴川の水の澄んでいること…美しい。 自然がたっぷり。 山一つ神社っていう規模。 昔から日本国民全員が憧れてきた場所というのがよくわかりました。 殆ど知識がないまま来たから余計に驚いた。 内宮でも公式参拝をさせて頂きました。 重ね重ね幼なじみに感謝…! ここでは代表者として私が皆の前に立って二礼二拍手一礼をしました。なんかすごく誇らしかった笑 参拝後は別宮も全部回ったのち自分にお守り買ったり、パリの友人に送ってあげるお札を買ったり十分にお伊勢さまを堪能。 ランチにすし久でてこね寿司を食べて、デザートに生赤福食べてお腹いっぱい。 腹ごなしがてら猿田彦神社にもお参りをしました。 中には芸妓の神様アメノウズメノミコトをまつっているお社もあって、そこでも熱心にお願い事をしてきました。この神社どうも芸能関係の方も多く来るようで、願い事が丸見えの状態で表向きに字の書かれた絵馬にふと目線を移すと「xxxの仕事が決まりますように!」と若手イケメンモデルさんらしき人の名前といかにも〜な感じのサインが書かれていたり。こんなに皆から見える状態に何も絵馬をくくりつけなくても、ってくらい目立ってた。その仕事彼に決まったら良いね!と皆で談笑。ちょっとしたらググって結果を確かめよう笑 そこからは車で名古屋に向かい、現地解散。 私はMちゃんらと新幹線で東京に戻ってきました。 びっくりしたのが東京の家に帰宅後。 2日間早起きで観光し続けて疲れているはずなのに、やたらめったら気分がスッキリ。体も軽い。 伊勢のパワーとしか思えないくらい爽やかでご機嫌な気分だったのです。 つかの間とはいえあの緑の多い中にいたことでデトックスされたみたい。 前日まで七度の熱があったのに、すっかり元気になっているではありませんか。 お伊勢さまのすごさを体感しました。 DOMANI展は2/3まででちょうど私が東京に戻って来た日だったのだけど、私にとってこの小旅行は打ち上げを兼ねていてホントよい時間が過ごせたな。 完璧なアレンジをしてくれたS君、心から感謝します。 普通の人にはなかなか出来ない正式参拝の手配をしてくれた幼なじみにも感謝!彼女は小さな子どもがいるのにわざわざDOMANIの時期に合わせて東京の実家に帰省してくれたり、小学校からの付き合いだけどこういう友人がいるのはとっても嬉しい。大人になって会う機会はぐっと減ったけど、何かあった時に力になれたりするのって素敵。 伊勢に一緒に行ったメンバーとは「なにか良いことがあったら報告しあおうね」と言っていて、帰宅後2日目に一番乗りで私がとある素晴らしい報告をみんなにすることができました。 そのうちまたお伊勢さまにはお礼参りに行かせて頂くこととしましょう。ふふ

ⓒ SAI HASHIZYME ALL RIGHTS RESERVED.

page top